てがきーの

手書きな大好きな主婦のブログ。ノートとペンがあれば幸せ。スケッチや塗り絵が大好き。

クロッキー帳でスケッチやデッサンの練習!合う画材を試してみた

これから絵を描く練習をしたいけど、まずデッサンからはじめたいな。
鉛筆で下絵をたくさん練習したいな。

でしたら、クロッキー帳を使ってみましょう。
コスパがよくて、軽くて持ち運びやすいクロッキー帳。

クロッキー帳ってどんなの?
どんな画材と合うの?

私のクロッキー帳の使い方、試した画材を紹介します。

スケッチやデッサンの練習をするならクロッキー帳

f:id:mitsu5858:20200316223314j:image

クロッキー帳とは、絵を書くためのスケッチブックのひとつです。

ではクロッキーってどういうことでしょう?
あまり聞き慣れない言葉ですよね。

絵の描き方で、デッサンにスケッチという言葉はよく聞きますが、どう違うんでしょう?

クロッキー、デッサン、スケッチの違い

かんたんに違いを説明してみます。

クロッキーとは
人や動物などの動きのあるものを、短時間で描写していくことをいいます。
デッサンとは
対象をよく見て明暗や質感などを丁寧に描写していくことです。
スケッチとは
人物や風景などを大まかに描写すること。写生、素描とも言います。

似ているけど、どこまで描くかで違うんですね。

クロッキーを練習することで、絵を描く力は上達していくそうです。
人や動物の絵をたくさん仕事で描かれる方(アニメなど)は、この練習をたくさんされているんでしょうね。

私はクロッキーをするというよりも、デッサンやスケッチに、クロッキー帳を使います。

クロッキー帳ってどんな物?

では、そのクロッキー帳ってどんな物なんでしょう。

クロッキー帳もスケッチブックの一種ですが、クロッキーという薄い紙を使っています。
(中にはスケッチブックと同じように 、画用紙のものもあります。)

クロッキー帳は、紙が薄いので1冊のページ数が多いです。
だから、下絵の練習をするにはぴったりなんですね。

また低価格なので買いやすくて、どんどん使えます。
軽いですし、持ち運びにも便利です。

クロッキー帳に合う画材を試してみた

f:id:mitsu5858:20200316123413j:image

では、クロッキー帳にはどんな画材が合うのでしょう?

私の持っている筆記具で描いた印象を紹介します。

鉛筆やペン

鉛筆やペンは描きやすいです。
多くの人が鉛筆でデッサンやスケッチに使うと思います。
紙質がなめらかなので、さっと描けるし、次々に早く描くにもぴったりです。

色を塗るなら、色鉛筆がぴったりです。

f:id:mitsu5858:20200316120048j:plain

アルコールマーカー

イラストを書くのに人気のペン、コピック
コピックにはいくつか種類があるようですが、私はあまり詳しくありません。
コピックチャオのグレイだけ持っています。
影を塗るのにちょうどいいからです。

f:id:mitsu5858:20200316120217j:image

ピグマペンで線を書いて、影だけコピックで塗る。 

裏は?

f:id:mitsu5858:20200316120232j:image

裏うつりしています。

コピックで描くなら、片面だけを描くといいですね。

その後、ダイソーのイラストマーカーを購入したので、同じくダイソーのクロッキー帳を使って鬼滅の刃を描いてみました。

f:id:mitsu5858:20210507213741j:plain

完成した上の絵には最後に色鉛筆を重ねていますが、イラストマーカーで描いたあとの裏面はこんな感じでしっかり裏写りしています。

f:id:mitsu5858:20210507213733j:plain

だから、アルコールマーカーを使うときは、いらない紙を下に敷いて描きましょう。

好きなキャラを自分で描きたい!クロッキー帳で初心者にオススメの方法

クリーンカラー クリアブラッシュ

呉竹のクリーンカラー クリアブラッシュ(CLEAN COLORのReal Brush)を持っています。
毛筆タイプのカラーペンです。 

f:id:mitsu5858:20200316223356j:plain

これでクロッキー帳に塗ると

f:id:mitsu5858:20200316223406j:plain

こちらも、少しうつります。

水彩絵の具には向いていませんね。

でも、鉛筆で練習する、という目的以外は、片面しか使わないものなのかもしれません。

私のクロッキー帳の使い方 

f:id:mitsu5858:20200316120058j:image

飼っているペットを上手に描きたいのですが、難しくて練習中です。

こまかいところまで描くデッサンや色鉛筆は、集中できて気持ちを落ち着かせてくれますね。

f:id:mitsu5858:20200316160045j:image

描いたページを切り取って、ライフログ用のノートに貼ったりもします。

バレットジャーナルは続かなかったけど、ライフログノートはつけたい 

おすすめのクロッキー帳は?

f:id:mitsu5858:20200316120150j:image

私が使っているのは、マルマンのとダイソーのクロッキー帳です。

f:id:mitsu5858:20200316120141j:image

大きい方(B5)が、ダイソー(DAISO)のクロッキー帳で、100枚入り!
これで100円は安いですね。

小さいサイズのものは、マルマンのクロッキー帳(ポケットシリーズ)。
ページの色は2種類あり、ホワイト(白クロッキー紙)とクリーム色。
白が100枚でクリームが80枚で、どちらも定価320円です。
出かける時にも持っていると、どこでもサッと描ける練習ができます。

マルマンのクロッキー帳は、大きいサイズもあります。

最後に

デッサンやスケッチの練習によく使われるクロッキー帳を紹介しました。

コスパもよくて描きやすいクロッキー帳は、練習用にぴったりです。
1冊の枚数が多いから、毎日1ページ描いても、たっぷり使えます。
どんどん描いて捨てる人もいるようです。

私は趣味で楽しんでるだけなので、マイペースでゆっくり描いています。

クロッキー帳は、色鉛筆で塗るのがお気に入り。

または、ちょっと雑誌などから、人を選んで描くのも楽しいです。
紙が薄いから、切り取ってノートに貼ることもできます。
1枚をしっかり楽しむこともできたり、練習用に惜しまずに描いて、使い捨てることもできるクロッキー帳は便利な1冊です。

さぁ、今度はなにを描こうかなー。

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村