てがきーの

手書きな大好きな主婦のブログ。ノートとペンがあれば幸せ。スケッチや塗り絵が大好き。

美術

書きやすいMD用紙は万年筆も裏写りしない!私の新書サイズの使い方

書きやすくて好きな紙はMD用紙(ペーパー)。万年筆も裏写りしない書き心地のいい紙です。MD用紙を使っているノートがMDノート。私が使っているMDノートは方眼タイプの新書サイズ。MDノートの特徴や私の新書サイズの使い方を紹介します。

バンクシーが日本で見られる!【初開催】バンクシー展の会場や期間は?

グラフィックアーティストのバンクシー、日本でも今ではすっかり有名ですよね。 描かれた作品は社会風刺が込められていると言われ、強いメッセージを感じます。 2018年には、英国のオークションで作品が落札された瞬間に、シュレッダーで裁断されて、世間を…

仕立てて作れるカキモリのノートとは?自分だけの特別なオーダーノート

東京にカキモリというお店があります。 自分だけのノートが作れるお店です。 私は、大阪の百貨店のイベントで出店されていた時に、1冊のノートを作ってもらいました。 もう、6年くらい前になります。 でも、せっかく喜んで作ったのに、もったいなくて大事す…

島根県立美術館のおすすめポイント3つ!宍道湖うさぎに夕日スポット

今日は、美術館を紹介したいと思います。 島根県立美術館です。 私は、2年前の2018年に、出雲大社や松江を旅行をしたときに訪れました。 島根県立美術館の、私のおすすめポイントは3つ。 300円で国内外の作品が鑑賞できる 宍道湖うさぎで縁結び おすすめの…

安野光雅展があべのハルカスで開催!いつでも作品が見れる美術館は?

安野光雅さんの作品がいつでも鑑賞できる美術館が、日本に2カ所あります。津和野町立安野光雅美術館と森の中の家 安野光雅館です。どちらも風景とともに楽しめる素敵な美術館、ゆっくり訪れてみたいです

旅行の記録はノートでつけよう!切って貼るだけで簡単に思い出づくり

私は旅行や遊びに出かけたら、帰ってきてから思い出ノートを作ります。無料でもらえるパンフレットやフリーペーパーから欲しい部分を切り抜き、ペタペタと貼るだけで完成します。イラストを書くのが苦手でも、簡単に作れる旅ノートの作り方を紹介します。

私の旅の計画のノート作り!下調べと準備に当日のリストを書き出す

私が旅行に行く前にする、ノートを使った下調べと準備をする方法を紹介します。情報収集からやりたいことは、マップ風にしてエリア別に書き出します。そして、当日に持ち歩くノートにリストとして書きます。

アクセスノートブックの活用法!勉強や仕事に読書記録もおすすめ

人気のノートのひとつに、アクセスノートブック(AccessNotebook)があります。文具王が本気で作った、機能性を極めた検索用のノートです。B-LABO|文具王・高畑正幸公式サイト - AccessNotebook アクセスノートブック 私も持っています。私は、アクセスノー…

美術館のチケットを保管する方法は?簡単な収納とおしゃれな鑑賞記録

更新日:2020年5月9日 美術館に行ったら、チケットをどうされていますか?そのまま置きっぱなしはもったいないので、せっかくだからきれいに収納しませんか? 美術館で観た美術展のパンフレットやチラシはもらって帰りましょう。そのパンフレットと一緒にチ…

初めてでも美術鑑賞を楽しもう!ミュージアムショップで記念にグッズを

美術館巡りが好きです。 詳しい知識はありません。 でも、なかなか観る機会がない絵画や作品が日本に来ているとなると、観に行きたくなります。 遠い昔に描かれた素晴らしい作品を目の前にするだけでも感動します。 興味があるけど、美術館に行ったことがな…

バレットジャーナルは続かなかったけど、ライフログノートはつけたい

更新日:2020年5月11日 今でも人気のバレットジャーナル。バレットジャーナルとは、自分でノートに自由にカレンダーやタスクなどを書き込んでいく手帳術のこと。 私も、いっときハマっていました。もちろん、バレットジャーナルにピッタリのノート「ロイヒト…

ロルバーンのノートの中身と仕様は?意外に膨らんでもバンドで大丈夫

ロルバーンのノートを紹介します。やさしいクリーム色の方眼ノートでリング式です。バンドが付いているので、意外に膨らんでも大丈夫です。ポケットも付いているので、チケットなども収納できて、いろいろな使い方ができるロルバーンです。

1日のスタートに【朝日記】その効果は?アイデア出しと気づきが得られる

毎朝、家事をひととおり終えたら開くノートがあります。 朝日記のようなもの。 私がこの方法をはじめたのは、ジュリア・キャメロンの『ずっとやりたかったことを、やりなさい』という本の中で紹介されていたモーニングページがきっかけです。 この本を数年前…