てがきーの

手書きな大好きな主婦のブログ。ノートとペンがあれば幸せ。スケッチや塗り絵が大好き。

桜の絵の描き方を『水彩画プロの裏ワザ』を参考にしてみた!コツは?

今年は、お花見もゆっくりできないので、去年行った場所の桜の風景を描いてみることにしました。
京都の正法寺です。
桜の風景は何度か描いたことがあるけど、難しいです。

本をお手本にしようと、持っている本をパラパラ眺めて、選んだのは
奥津国道さんの『水彩画プロの裏ワザ』
この本を参考に2枚の桜の絵を描いてみました。

桜の描き方に、どんなコツがあるのかな?
そのとおりにうまく描けるのかな?

結果は、やっぱり難しい・・・(¯―¯٥)
でも、紹介します。(^^ゞ

桜の絵の描き方を『水彩画プロの裏ワザ』を参考にしてみた

桜の絵の描き方を『水彩画プロの裏ワザ』を参考にしてみた

桜の絵を描くのにあたって、参考にした本は奥津国道さんの『水彩画プロの裏ワザ』です。

『水彩画プロの裏ワザ』

『水彩画プロの裏ワザ』

奥津国道さん軽快で繊細な筆致の水彩風景画を描く画家でで多くのファンがいます

この『水彩画プロの裏ワザ』では、基本的なテクニックからプロの裏ワザまで紹介されています。
「絵が上手になりたかったら、人の絵をまねすること」と書かれています。

桜の描き方のコツは?

『水彩画プロの裏ワザ』

『水彩画プロの裏ワザ』に、桜の描き方のページがあるので、参考にして描くことにしました。
でも、描くのは私が撮った風景の写真を見ながら(パソコンで大きくして)です。

桜の描き方のコツ
  1. ガッシュ(不透明水彩絵の具)の白に透明水彩絵の具の赤を混ぜ、それをスポンジに含ませて型押するように描くタンポン画法
  2. 先に塗った色がまだ乾ききらないうちに、次の色を重ね塗りして、紙の上で混ざり合わせるにじみ画法

 2つの描き方を紹介されています。

タンポン画法で描いてみた桜の風景

正法寺と桜

タンポン画法で描いてみた桜の風景 

これは、下書きは鉛筆です。

にじみ画法で描いてみた桜の風景

京都の正法寺

にじみ画法で描いてみた桜の風景

こっちは、下書きはペン。
本に書かれていたように「桜の花は大きな塊としてとらえ、デッサンでは輪郭線だけを描く」ようにしてみました。

う~ん、やっぱり桜は難しい。

不透明水彩絵の具

桜の絵の描き方を『水彩画プロの裏ワザ』を参考にしてみた

ふつうは透明水彩絵の具を使います。
私が使っているのは、ホルベインのケーキカラー
この中には、白だけは不透明水彩絵の具が入っています。

不透明水彩絵の具だと、下の絵の上からも色を付けれるそうです。

筆は大事

ずっと同じ筆を使っていたのですが、新しい筆を買ってきたのでそれを使いました。

PCセーブル 8丸

毛先がそろってめっちゃ描きやすい。(*´∀`*)
やっぱり、筆って大事なんだなーと実感しました。
高い筆じゃなくても、筆は消耗品。

描きにくくなったら、交換しようね。

 

まとめ

家で、写真を見ながら桜の水彩画を描いてみました。

お手本にしたのは、奥津国道さんの『水彩画プロの裏ワザ』。
参考にしたい本は何冊か持っていますが、まねもして少しずつ上達して、自分らしい絵が描けるようになりたいです。

今回、使ったスケッチブックはこちらです。

tegakilog.hatenablog.com

にほんブログ村 美術ブログ デッサン・スケッチへ
にほんブログ村